logoBakerMcKenzie_RGB

いつもお世話になっております。株式会社アスタリスクでございます。

以下に、弊社(アスタリスク)とベーカー&マッケンジー法律事務所が7月20日に開催する第2回 IRとラグジュアリーホテル・レジデンス開発に関してのセミナーの最新プログラムをご案内させていただきます。

Luxury branded residence

グローバル富裕層を取り込む新たなインバウンドビジネス・不動産開発モデル



日本でのIR(統合型リゾート)開発への期待とともに、日本のインバウンド産業の成長にも大きな注目が集まっています。

なかでも、グローバルな富裕層を対象としたラグジュアリーホスピタリティは、豊富なインバウンド資源を持つ日本では大きな成長が予想される分野となっています。
グローバルなラグジュアリーホスピタリティの究極の形態として、ラグジュアリーホテルおよびレジデンス開発は海外では大きな成功を収めており、活発な投資事例が海外の主要都市やリゾート地で多く見られています。

IR(統合型リゾート)とラグジュアリーホスピタリティおよびレジデンスは、日本が世界的な富裕層を惹きつけるインバウンド市場へ成長するための“キーストーン”であり、新たな有望な投資機会とも目されています。

 

(前回のセミナー内容はこちらをご参照ください: http://japanplacementagent.com/blog/event/gamechangers/

第2回となる今回は、その実例と日本での展望について、リッツ・カールトン・レジデンスなど豊富な実績を誇る世界的なホテル運営会社のMarriott Internationalと、IR(統合型リゾート)会社のMGM Resorts International、開発や運営にかかる法務面の特徴についてベーカー&マッケンジー法律事務所が解説をいたします。

また当セミナーではアスタリスクより、グローバルなウルトラ富裕層が求める衣食住から芸術、文化、娯楽、教育、医療、美容、交通、金融といった分野での日本の最高峰の魅力とサービスを、グローバルなウルトラ富裕層へ提供する機会についてのアイディアを提案します。

 

日時: 2017年7月20日(木)13:30 – 16:30 (開場:13:00)

 

会場: ベーカー&マッケンジー法律事務所 

   東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワー28F

    (http://www.bakermckenzie.co.jp/aboutus/location.html

 

対象者: 不動産デベロッパー、建設会社、ラグジュアリーサービス会社、関係省庁、投資ファンド、金融機関、リゾート会社、ホテル運営会社、資産運用会社など

 

言語: 英語(逐次通訳)および日本語

 

お申込方法: 現在、ご招待者様の参加登録を受け付けております。上記の対象者に該当され、ご参加またはセミナーについての詳細を希望される場合は以下まで『セミナー参加希望』との旨をメールいただければと存じます。 

info@asteriskrealty.jp

※既にご連絡をいただいております皆様は、再度のご連絡は不要です。

当セミナーでは、できるだけ多くの企業に参加いただけますよう、一社あたりのご参加人数を限らせて頂く可能性がございます事をご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

プログラム (予定

基調挨拶

13:30 – 13:45

(15分)

基調挨拶 

「日本のインバウンド産業の成長におけるラグジュアリーホスピタリティとIRへの期待」

秋元 司

衆議院 内閣委員長

海外ラグジュアリーホテル会社の事例

13:45 – 14:35

(50分)

「Ritz Carltonのグローバル開発におけるホテル・ブランデッドレジデンス事例」

レイモンド・タン

マリオット・インターナショナル

関連法令
14:35 – 15:05(30分)
「ホテル・ブランデッドレジデンスの開発において留意すべきポイントと法令及びストラクチャリング」

アレキサンダー・ジャンペル

池田 成史

鈴木 泰治郎

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

休憩

15:05 – 15:15

(10分)

休憩
ラグジュアリーレジデンスに必要な要素とグローバル富裕層

15:15 – 15:40

(25分)

「グローバルな超富裕層を惹きつけるのに不可欠な要素・サービス、そしてビジネスチャンス」

伊藤 幸彦

ASTERISK

IR(統合型リゾート)にとっての

ラグジュアリーホスピタリティ

15:40 – 16:30

(50分)

「IR(統合型リゾート)事業にとってのラグジュアリーホスピタリティの役割とその他の要素」

エド・バワーズ

日本MGMリゾーツ

MGM Resorts International


講演者プロフィール(プログラム順)

 

秋元 司

衆議院 内閣委員長

1971年生、東京都出身。2004年参議院通常選挙に初当選。安倍・福田内閣で防衛大臣政務官を務める。その後2012年衆議院総選挙にて当選。衆議院では議院運営委員会理事、国土交通委員会理事、内閣委員会理事、自民党では経済産業部会長代理、内閣部会長、国土交通部会長を歴任し、2016年9月衆議院内閣委員長に就任。現在に至る。

党内では観光立国調査会副会長、国際観光産業振興議員連盟(IR議連)副幹事長、住宅土地・都市政策調査会副会長を務め、観光政策や都市政策を重点政策に掲げている。また、フィンテック推進議員連盟幹事長、サービス産業振興議員連盟事務局長、青少年健全育成推進調査会副会長の職にあり、経済、通商産業、教育等の各分野にも精通している。一方、歌舞伎振興議員連盟事務局長を務め、プライベートで茶道を嗜むなど日本の伝統文化にも造詣が深い。

レイモンド・タン

カントリー・リプレゼンタティブ / ホテル開発

マリオット・インターナショナル

シンガポールを拠点に、日本とシンガポールにおける全てのマリオット・インターナショナルのホテルブランドの開発を統括。直近では、東京における2件のEDITIONホテル、東京と大阪におけるMoxyホテルのホテル運営契約を担当。マリオット・インターナショナル入社以前は、Horwath HTLの香港オフィスにて経営コンサルティング担当し、投資家に対してホテル投資における利益の最大化や戦略についての実効性分析や助言を行う。シンガポール・マネジメント大学にてファイナンスを専攻し、経営学と会計学の学士号を取得。
アレキサンダー・ジャンペル

パートナー / 外国法事務弁護士 (米国カリフォルニア州及びハワイ州弁護士)

ベーカー&マッケンジー法律事務所 (外国法共同事業)

東京、ロサンジェルス、ホノルルで25年以上に亘り弁護士実務に従事し、不動産業務・不動産ファイナンス業務・M&A・企業間取引の実務に携わる。東京事務所における不動産グループ責任者及びベーカーマッケンジー、アジアパシフィック地域におけるStructured Real Estate Steering Committeeのメンバー。 Chambers and PartnersのChambers Asia-Pacific Guide 2011~2017年版において日本の国際不動産取引分野における優れた弁護士として選出される。Best LawyersのThe Best Lawyers in Japan 2012~2018年版において不動産法分野、2015~2018年版においてホスピタリティ・観光分野における優れた弁護士として認められる。また、The Legal 500 Asia Pacificの不動産法分野2016~2017年版において、国際法律事務所部門で優れた外国法事務弁護士として選出される。東京で生まれ育ち、日本語に堪能。
池田 成史

パートナー

ベーカー&マッケンジー法律事務所 (外国法共同事業)

金融・証券及びキャピタル・マーケットの分野において20年程にわたり、投資銀行、事業会社、ファンド等に対して様々なアドバイスを提供してきた。2002年から2年間程ドイツ銀行/ドイツ証券株式会社に勤務し、主に投資銀行部門、証券化部門、銀行部門、信託部門を担当した経験があり、様々な形態の金融業務及び証券業務に関して幅広く助言を行うことができる。証券・金融関連の講演や証券会社における勉強会等も行っている。1999年まで青木総合法律事務所(合併を経て現事務所)所属、2000年~2001年にシドリー・オースティン・ブラウン&ウッド法律事務所(ニューヨーク)、2001年にリンクレーターズ法律事務所(ロンドン)において勤務。
鈴木 泰治郎

シニア・アソシエイト

ベーカー&マッケンジー法律事務所 (外国法共同事業)

10年以上の実務経験を有する。東京事務所の銀行・金融グループ及び不動産グループに所属。金融、証券化、不動産取引、再生可能エネルギー案件に携わり、インドプラクティスも担当する。2012年9月より、ベーカーマッケンジーのメンバーファームであるBaker McKenzie.Wong & Leow(シンガポール)に1年間駐在し、日本企業によるクロスボーダー案件を数多く担当した。The Legal 500 Asia Pacific 2017年版の不動産法分野において、国際法律事務所・ジョイントベンチャー部門で次世代を担う弁護士として選出される。
伊藤 幸彦

マネージング・ディレクター

アスタリスク

2006年にニューヨークにてホスピタリティ投資会社を起業、2008年(株)アスタリスクを日本に設立し、国内・海外の機関投資家や超富裕層のクロスボーダーなホテルや不動産、ファンドへの投資アドバイザリー業務を行なう。運用資産4 兆円を超える英国最大級の不動産運用会社などの海外投資ファンドのコンサルタントや、グローバルなホスピタリティ投資JVの事業パートナーを務める。 国内・海外のラグジュアリーレジデンス・プロジェクトにおいては、世界のウルトラ・ハイネットワース(HNW)富裕層へのマーケティングや、開発者へのコンサルタントも務めるなど、ホスピタリティ、ラグジュアリーレジデンス、機関投資家向け不動産投資といった各分野にてグローバルな専門性とネットワークを持つ。IPE、IREI、PEREといった海外の機関投資家向け専門メディアなどでの執筆多数。
エド・バワーズ

CEO 兼 代表執行役員

日本MGMリゾーツ 

2014年10月より、合同会社日本MGMリゾーツおよび合同会社 MGMリゾーツ・西日本のCEO兼代表執行役員として、MGMリゾーツ・インターナショナルの日本におけるビジネスを統括。また、MGMリゾーツ・インターナショナルのグローバル開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとして、同社の海外および米国国内における開発プロジェクトにも従事している。2003年にMGMリゾーツ・インターナショナルに入社以来、アジア、ヨーロッパ、米国において、事業開拓の主要メンバーとして、過去3年間でマサチューセッチュ州およびメリーランド州でのゲーミング・ライセンスの取得に成功。1988年に、英国アーサー・アンダーセンにて監査業務のキャリアをスタートし、1994年には同社のラスベガス・オフィスへ配属。その後、1999年にシニア・マネージャーに抜擢された。ゲーミング業界の大手企業の監査を担当するほか、カジノ運営会社やゲーミング協会、そして同業界への進出を検討する企業に対して戦略的なコンサルティングを幅広く行う。英国公認会計士の資格、および英国ダラム大学でスペイン語の文学士号、最優等学位を取得。

 

 

■ マリオット・インターナショナル について

マリオット・インターナショナルは、122を超える国と地域に6,000を超える宿泊施設を擁し、2016会計年度には170億以上の収益を計上している世界最大のホスピタリティ企業です。J・ウィラード・マリオットおよびアリス・マリオットによる創設以来、マリオット一族による経営指揮のもと、90年近くにわたり成長を続けてきた弊社は、ワシントンD.C.の郊外であるアメリカ合衆国メリーランド州ベセスダに本社を置いています。

ウェブサイト: http://www.marriott.co.jp

 

■ ベーカー&マッケンジー法律事務所について

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)は、ベーカー&マッケンジーの東京事務所として1972年に開設されました。日本法に関する卓越した知識、経験とともに、グローバル・ビジネスに関する実績とノウハウを兼ね備えた外国法共同事業を営む法律事務所として、日本最大級の規模を有しています。当事務所は、ベーカー&マッケンジーのメンバーファームとして、国内外の金融法務、M&A、企業法務、独占禁止法、大型プロジェクト、知的財産、国際税務、訴訟・仲裁、労務、環境、製薬、不動産関連等について、総合的かつ専門的な法務サービスを提供しています。

ウェブサイト: www.bakermckenzie.co.jp

 

■ アスタリスクについて

アスタリスクはグローバル不動産投資、ラグジュアリーレジデンス、ホスピタリティ関連投資開発の分野に特化したブティック型不動産ファームです。ラグジュアリーレジデンスとIR(統合型リゾート)の分野では国内外において先進的に取り組んでおり、様々な形でグローバルな情報発信と投資機会の開拓を行い、グローバルな機関投資家、事業会社、および超富裕層向けに不動産投資・開発・コンサルティングを提供しています。

ウェブサイト(機関投資家向けグローバル不動産): http://japanplacementagent.com/

ウェブサイト(ラグジュアリーレジデンス): http://global.residence.jpn.com/


■ MGMリゾーツ・インターナショナルについて

MGM リゾーツ・インターナショナル(NYSE: MGM)は、世界有数のホスピタリティ企業として、ベラージオ、MGM グランド、マンダレイ・ベイ、ザ・ミラージュ等のデスティネーション・リゾートを経営しています。2016 年 12 月 8 日に米国メリーランド州において MGM ナショナル・ハーバーを開業し、現在マサチューセッツ州で MGM スプリングフィールドを開発しています。また、第一級のトリプルネットリース・タイプの不動産投資信託として、大規模な娯楽・レジャーリゾートの買収や所有、リースを行なっている MGM グロース・プロパティーズ LLC(NYSE: MGP)の株式の 76%を保有しています。さらに、MGM マカオや、開発中の MGM コタイを所有する MGM チャイナ・ホールディングス・リミテッド(SEHK: 2282)の 56%、アリア・リゾート&カジノを擁するラスベガスのシティセンターにおいても 50%の株式を保有しています。MGMリゾーツはフォーチュン誌 2016 年版の「世界で最も称賛される企業」リストに名を連ねています 。
ウェブサイト:http://mgmresorts.co.jp/ (日本語)www.mgmresorts.com (英語)

 

 

Asterisk-placement-agent_20151219

株式会社アスタリスク
Asterisk Realty

東京都千代田区紀尾井町3-29 グリュックハイム2003
Tel: 03-3263-9909
Fax: 03-3263-9908

宅地建物取引業 東京都知事(2)第89094号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2577号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会

 

※当記事及び上記のセミナーは情報提供を目的としたものであり、法的拘束力はありません。アスタリスクは、当記事及び上記のセミナーの内容に関する正確性および完全性を保証せず、その内容を随時変更することがあります。当記事及び上記のセミナーは金融商品の勧誘を意図したものでなく、市場に関しての情報提供を目的としたものです。