弊社(アスタリスク)が2018年 10月24日(水)に開催する「ESG不動産投資シンポジウム : 東京 2018」をご案内させていただきます。

woman

不動産運用における投資家や企業の社会的責任やESGといったアプローチへの期待と要求は大きく高まり始めています。

特に年金基金や生命保険会社をはじめとる機関投資家にとって、長期運用の対象としての不動産投資においてはことさら持続可能性やESGは必要不可欠な要素となっており、ESGの意義だけでなく、いかに資産運用において活用するかが大きなテーマとなっています。

当シンポジウムでは、国連環境計画・金融イニシアティブ (UNEP FI) プロパティ作業部会 共同議長を務めるアンナ・マレー(ベントール・ケネディ社)を招き、ESG不動産運用におけるグローバルリーダー達の取り組みについて解説します。

また、ESG・気候変動及びサスティナビリティ分野にてアドバイザリーサービスを提供するEY新日本有限責任監査法人ヘザー・マクリッシュが、ESGやCSRを従来の慈善活動から共通価値の創造として浸透させ、日本における持続可能性と競争力向上に必要なソリューションを提案します。

その他、ESG不動産投資に取り組む専門家および市場関係者が登壇を予定しています。

今回のシンポジウムでは、事前に国内の機関投資家や運用会社などからのESG不動産運用における実践や取り組みについてなどの質問を募集しております。また、当シンポジウムにて講演予定者より、ご質問いただいたトピックについての回答や解説を予定しております。

BK Skyline[2]

開催日: 2018年10月24日(水)

時間:  午後14:30 ~ 午後17:00 (開場:14:00)

場所:     EY Japanセミナールーム(東京ミッドタウン日比谷15階)※受付10階
     東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷
   https://www.eyjapan.jp/about-us/map.html

対象:     年金基金、金融法人自己運用部門、不動産運用会社、その他

定員:     50名(事前登録制)

言語:     英語/日本語(逐次あるいは同時通訳付)

※プログラムの詳細は近日中に発表します

 

講演予定者: 

アンナ

アンナ・マレー

国連環境計画・金融イニシアティブ (UNEP FI) プロパティ作業部会 共同議長
米国 ベントール・ケネディ社
サステナビリティ部門ヴァイスプレジデント

horie_photo1

堀江 隆一

代表取締役社長
CSRデザイン環境投資顧問

ヘザー

ヘザー・マクリッシュ

EY新日本有限責任監査法人
シニアマネージャー 気候変動・サステナビリティサービス
ESG(環境・社会・ガバナンス)/SDG(持続可能な開発目標)担当  CCaSS部門

 

他(後日発表)

 

お申込方法セミナーにご参加いただけます人数には限りがございます。ご参加またはセミナーの詳細を希望される場合は『セミナー参加希望』とご記入下さい。
お申込メール送信先: event@asteriskrealty.jp

※座席数に限りがございますので、上記対象者を優先させていただきます。またお申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
※定員に達しましたら 、予告なくお申込みの受付を終了させていただきます。
※当セミナーでは、できるだけ多くの企業にご参加いただけますよう、一社からのご出席人数を限らせて頂く場合がございます。何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

 

Asterisk-placement-agent_20151219


株式会社アスタリスク
Asterisk Realty
東京都千代田区紀尾井町3-29 グリュックハイム2003
Tel: 03-3263-9909
Fax: 03-3263-9908

宅地建物取引業 東京都知事(3)第89094号

※当記事及び上記のセミナーは情報提供を目的としたものであり、法的拘束力はありません。アスタリスクは、当記事及び上記のセミナーの内容に関する正確性および完全性を保証せず、その内容を随時変更することがあります。当記事及び上記のセミナーは金融商品の勧誘を意図したものでなく、市場に関しての情報提供を目的としたものです。