日本の機関投資家からも今後、不動産運用における運用会社や企業の社会的責任やESGといったアプローチへの期待と要求は大きく高まり始めています。
以下に、ESG不動産運用のグローバルリーダーであり北米を代表する不動産運用会社Bentall Kennedy社のこの度発表しました、不動産投資における企業責任・持続可能性の追求についてのレポートをご案内させていただきます。日本およびグローバル不動産投資におけるESGおよび責任ある投資の導入モデルの一例としてご参考になりますと幸甚です。


Bentall Kennedy Corporate Responsibility Summary
(当レポートは以下のリンクよりダウンロードいただけます。)

https://www.bentallkennedy.com/pdf/cr/2018-bentall-kennedy-corporate-responsibility-summary.pdf

BK-CRS[1]BK-CRS8[1]BK-CRS6[3]


メッセージ

ベントール・ケネディは、顧客の皆さまや株主と供に熟慮を重ね、価値の創成、そして私たちが投資するコミュニティでの持続可能性の強化を目指しています。これらの取り組みに間して当社が発表した最新レポート「2018年 企業責任に関する概要」をご案内いたします。

このレポートでは、顧客(投資家)の皆さまに代わってベントール・ケネディが成し遂げる持続可能性における重要な達成事項についてスポットを当て、どのようにすれば持続可能な投資が長期的な価値の創造をもたらすようになるかという点について論証しています。2017年度末において、ベントール・ケネディ社の運用するポートフォリオの78%(資産価値基準)がグリーンビル認証を受けています。ベントール・ケネディは、一貫して不動産投資運用における持続可能性を追求するグローバルリーダーとして、グローバル不動産サステナビリティのベンチマーク(GRESB)や、省エネルギー型電気製品のための環境ラベリング制度(ENERGY STAR)といった団体を通じ、持続可能性に長年貢献してまいりました。

当レポートを通して、経済的価値の創成とベントール・ケネディが投資するコミュニティの持続可能性のさらなる強化を行うため、ベントール・ケネディがいかに「健全な投資+持続可能性」を行っているかについて、より多くを知っていただけるよう願っております。


2018 Bentall Kennedy Corporate Responsibility Summary
(当レポートは以下のリンクよりダウンロードいただけます。)

https://www.bentallkennedy.com/pdf/cr/2018-bentall-kennedy-corporate-responsibility-summary.pdf

BK4BK5

当レポートおよび米国での不動産投資・開発・市場情報については弊社(アスタリスク)までお問い合わせください。
Mail : info@asteriskrealty.jp
Tell : 03-3263-9909

 


関連レポート

ESG不動産投資 北米の事例と最前線 当レポートは以下のリンクよりダウンロードいただけます。
http://japanplacementagent.com/wp-content/uploads/2018/01/ESG-Real-Estate-Casestudy_North-America_Asterisk_2018-January.pdf

 

Juin 20_1

 

*月刊プロパティマネジメント誌の201712月号にてベントール・ケネディ社の「ESG不動産投資」について、20183月号にて「都市化 = Urbanization」をテーマとした不動産投資についての取り組みに関する記事が掲載されております。

unnamed

 

Asterisk-placement-agent_20151219

 

株式会社ASTERISK

東京都千代田区紀尾井町3-29
グリュックハイム2003
Tel: 03-3263-9909
Mail:
 info@asteriskrealty.jp

※本メールの配信をご希望されない場合は、大変お手数ですが本メールまでご「配信不要」とご返信下さいますようお願い申し上げます。

※当メールの内容は、現在の市況に反映された当社の見解についての内容となっています。当メールの内容は予告無しに変更される可能性があり、想定は実際と異なる可能性があります。当メールの配信は特定の商品の勧誘および募集を意図したものではありません。当メールは情報提供及び解説を目的として作成されており、投資助言や特定の投資戦略や金融商品・証券の販売や勧誘および推奨をするものではありません。当メールの内容における如何なる予測・推定は現時点で入手可能な情報をもとにしており、実際の動向と異なる可能性があります。当メールの内容は信頼できると判断された情報をもとに作成しておりますが、当社が正確性・完全性を保証するものではありません。