Vancouver pic[1] (1)

弊社では月刊プロパティマネジメント誌にて、201712月号より毎月、機関投資家の海外不動産投資にための様々なグローバル都市の不動産市場について連載記事を掲載しております。このたび、現在まで取り上げました以下の北米の8都市をまとめた資料をご紹介させていただきます。

– シアトル
– 
ボストン

– 
ポートランド
– 
ワシントン D.C.
– 
サンフランシスコ

– 
ピッツバーグ

– 
シカゴ

– 
トロント

以下リンクよりPDFファイルをダウンロードいただけます。(ダウンロードが難しい場合は弊社までお問い合わせください)

海外不動産 北米8都市レポート – RE Global Cities – North America
http://japanplacementagent.com/wp-content/uploads/2019/04/RE-Global-Cities-North-America-8-Cities-PMM.pdf

 

Boston



関連レポート
ESG不動産投資 北米の事例と最前線
http://japanplacementagent.com/wp-content/uploads/2018/01/ESG-Real-Estate-Casestudy_North-America_Asterisk_2018-January.pdf

 

 

ESG-1

 

Bentall Kennedy(ベントール・ケネディ)について
北米(米国およびカナダ)にて約4兆円を超える不動産を運用しています。責任ある長期のコア不動産運用を信条に100年以上の歴史を持ち、現在550を超える機関投資家に対し、カナダや米国主要市場12拠点にてコア不動産を中心とした運用・開発・バリューアッドなど様々な戦略を展開しています。また不動産投資におけるESGの分野では世界的なリーダーとして認知されています。  
ベントール・ケネディの特徴として、米国で進む都市化(Urbanization)トレンドが著しい主要都市のアーバン・エリア(新たな産業・テクノロジー・人材が集まるエリア)に集中した投資運用を行っており、ESGの積極的な導入を通じてアセットとしての魅力とパフォーマンスを高めています。

 

海外不動産への投資機会

弊社(アスタリスク)では、グロバールな機関投資家との強固な戦略的なパートナーシップを構築しており、様々な海外不動産市場での投資やJV・事業機会を日本の機関投資家や事業者様へ提供しております。

北米、欧州、オーストラリア、アジアの地域におけるインバウンドおよびアウトバウンドにおける、コア型~バリューアッド型の不動産投資やラグジュアリーホスピタリティといった分野に専門的な強みを有しております。投資機会についてのお問い合わせは、yuki@asteriskrealty.jp(伊藤)までお問い合わせください。

 

 

logo

株式会社ASTERISK

東京都千代田区紀尾井町3-29 グリュックハイム2003
Tel: 03-3263-9909